日本ホメオパシーセンター名古屋緑 自然派倶楽部 Mama's おしゃれに、かわいく自然派ママに!!安心で安全なホメオパシーのご紹介。

ようこそ自然派倶楽部 Mama'sへ
  • ホメオパシーって
  • ホメオパシーって
  • ホメオパシーって
  • TFT療法って
  • 前世療法って
  • 食の陰陽って?
  • 日本琉球ヘナ協会
  • 各種商品
  • 水素発生ボトル(還元くん)
  • ママスオリジナル
  • 今月のMama'sのおすすめ
  • 太陽マーク商品
  • ホメオパシー化粧品
  • ホメオパシー食品
  • ホメオパシー生活雑貨
  • 気の流れを良くするグッズ(バスソルト等)
  • 布ナプキン
  • 環境対策グッズ
  • フェアリーフレグランスグッズ
  • お客さまの声
  • 今月のレメディ
  • 症例ケース
  • ジャックと豆の木会
  • 症例ケース
  • プチサークル案内
  • Q&A
  • リンク
  • ご注文
  • ご予約
  • お問い合わせ
  • facebookグループ情報"

TFT療法って

TFT療法って
TFT療法とは?

ロジャーJ、キャラハン博士が開発した、思考場療法と呼ばれるセラピーです。
キャラハン博士は、東洋医学にも興味があり、中医学のツボを知ってみえました。
ある時、ご自身のクライアントが「胃に感じる恐怖」と言葉にしたため、胃のツボである、「目の下」をタッピングさせました。すると、そのクライアントは恐怖だったはずの水が怖くなくなり、プールに足を入れることができるようになったのです。
TFTは簡単に言えば、「タッピングで不安やうつ、恐怖症・トラウマを取り除く」というものです。
灸、針は使用せず、もちろん薬も不使用、ただ、私たちセラピストの指示によって、顔や手をタッピングして行くのです。
私はこの療法をホメオパシー健康相談と組み合わせて使っています。
(必要な方に、必要なタイミングでさせて頂いています。もちろん、ご自身で必要だと感じられている方は、お申し込みください。)

TFT療法とは

TFT療法は、従来のいかなる心理療法ともまったく異なるものです。
治療プロセスそのものが他の療法では見られない独特の経過をたどります。科学的根拠も、結果も、非常にユニークなのです。
TFTは、恐怖症、怒り、悪習慣、トラウマ、不安、罪悪感、悲観などの問題の本質および原因にアクセスして解決します。
ネガティブな感情は、じつはエネルギーの形をした凝縮された情報で「思考場」というものにくっついている情報なのです。
つもり、思考場に存在する「活動的情報」が、身体内のエネルギーの流れを混乱させて、心理的な動揺を起こし、その結果、人は心の健康を害することになるのです。

治療の鍵は、身体なのエネルギーシステム、すなわち経路に沿って存在する特定の治療ポイント(つぼ)を指で軽く叩いて(タッピングして)、身体の生体エネルギー場に影響を与えることにあります。
クライアントはます、自分が悩んでいる心理的問題について考え、考えたときに感じる感情的動揺の程度を自分で測ります(測定基準は1から10まで)。次に、身体の治療ポイントを一定の順序でタッピングする。
そうすると身体エネルギーシステムの不均衡が除かれ、その過程でネガティブな感情や苦痛の症状が弱まる、あるいは消失するのです。
最近では、自律神経系をモニターできる技術によって、TFTによって起こる変化を科学的に測定・数量化できるようになりました。
それによれば明らかに、TFTは最も基本的なレベルにおける治癒をもたらしており、しかもそれはほとんど瞬時に起こっているのであす。

TFTの誕生

二十世紀、心理療法の主流は話すことがあり、それが治癒をもたらすと信じられてきました。
キャラハン博士自身二十年前までは主流派の心理療法を使い、カレッジの学生たちに講義もしていました。
だが実のところキャラハン博士は、心の奥でその欠点に悩んでいたのでした。
キャラハン博士は、いわゆる伝統的な学歴コースをたどってきた人間であり、シラキューズ大学で臨床心理学の博士号を取得、イースタン・ミシガン大学の準教授となり、そこで心理学的治療活動および研究科の指導教授を務めました。
そのあとミシガン大学で教鞭を取ったのち、自身のクリニックを持ちました。
またマリタル・セラピーとファミリー・セラピーの全米心理学者アカデミーの会長を努めたこともあり、このころまでの履歴は他の学者とほとんど変わりありませんでした。
しかし、博士は、ひとりの専門家として、近代心理学は患者を悪化させているばかりだとも感じていました。
うつ病、恐怖症、人間関係の問題など、どんな障害をとっても、あまりにも多くのクライアントが、果てしない時間と高額の治療費を払って、自分の人生をえんえんと語っているだけのように思われたのです。
彼らは、昔のトラウマを再体験して苦しみ、現在抱えている問題の原因を過去の出来事や人物に探る。
だが一日が終わったとき-一日ではなく一年かもしらないが-そこから得るものは何もない。
つまり治療は何もならなかったのです。
悪いことに、彼らは空転を続けているばかりでなく、さらに深く感情の泥沼にはまり込んでいると思えたのです。
博士はよく同僚たちと、自分たちの治療記録の情けなさを話題にしたようです。
博士たちの意見は、たった一握りの患者しか良くなっていないことで一致していました。
そして挫折感に悩んでいました。
伝統的な方法がほとんどのクライアントに効かないという事実を博士たちは認めており、その失望感は、患者たちの幻滅感や怒りに劣るものではありませんでした。
博士はひとり、新しい方法を探索しつづけました。もっと良い方法があるはずだと信じて。

博士のクライアント・メアリーの場合

メアリーは、思考場療法が生まれる直接のきっかけを作った博士の患者である。感尾所は当時三十代後半で、二人の子供がいました。
彼女は幼少時から水に対する恐怖のために苦しんできましたが、実際博士が30年間に扱った中で一番ひどいケースでした。
水が怖いために日常生活さえできない有様で、浴槽でさえお湯を満たしてしまうと恐怖の対象になりました。
もちろん子供に湯浴みさせるなど論外。シャワーは短時間なら浴びることができましたが、それもストレスになる程。雨が降ると怖くて家から一歩も でることができなかい。
彼女はカリフォルニアに住んでいましたが、どんなに晴れた日でも太平洋岸の高速道路を運転することは不可能でした。
海の景色が目に入ったら最後、どんなことになるかわからなかったから。彼女は夜になっても、何か不思議なものに海に突き落とされる夢を見たり、 水にさらわれる夢をみて苦しんだ。
1980年当時、博士とメアリーは1年以上もこの恐怖症と戦ってました。博士は知っている限りの伝統的心理学の方法をすべて試したが、どの 方法もまったく役に立ちませんでした。論理療法、クライアント中心療法、行動療法、リラクセーション・トレーニング、バイオフィードバック、 系統的脱感作などなど。だが、どれも見事に何の効果も見せてはくれなかったのです。
さて恐怖症に対するお決まりの治療法として、博士は彼女を恐怖に直面させました。この方法はクライアントに大変強い不安を与えるので、 PTSD(心的外傷後ストレス障害)を起こす場合もあり、中には戦場を体験したかのように、一種の戦争神経症になる人さえいます。 だがこれで治る人はいないと言っても過言ではありません。事実、博士はこの方法で恐怖症が完全になくなった人を見たことがありませんでした。 どんなに良くなっても、必ず何らかの障害が残っているのでした。
メアリーの場合、わずかではあるが、この治療によって改善が見られました。数ヶ月前に、彼女は不安を感じながらも私のホームオフィスの 外にあるプールの端に座って、浅い側で足をぶらぶらさせたれるようになりました。 だがここまで来るのに彼女は持っている勇気を全部ふりしぼっていました。
プールに近づくごとに、彼女は恐怖でふるえあがり、プールに着いても実際に水を見ることは絶対にありませんでした。 「これは拷問そのものだわ」とメアリーはよく言っていたようです。そして面接の最後になると、1時間も水にさらされたストレスからひどい頭痛を 起こしていました。
博士は途方に暮れてしまい、メアリーを助けられるかもしれないという希望は消えかけました。そんなある日の午後、どうにかできないものかという フラストレーションから博士はあることを試すことにしました。博士たちはそのとき、裏庭のプールの近くで椅子に腰をおろしていましたが、 メアリーは水の近くにいることでそわそわし始めてました。彼女は時間が経つにつれて落ち着きがなくなり、いらいらし、しまいにはひどく動転してしまいました。 「みぞおちに響くんです。水を見ると、いえ考えるだけでも。みぞおちで感じるんです」
メアリーのこの言葉を聞いた瞬間、博士にひとつのアイディアが浮かびました。それまで正式に鍼灸療法を学んだことはあしませんでしたが、 博士は中国医学の理論に通じていました。つまり、エネルギーが経路と呼ばれる道を通って流れていること、その経路は鍼灸の治療点と一致していること。 中国医学の考え方によれば、エネルギーの流れがバランスを崩すと病気になるのです。メアリーは、むかつくような気分にするのは胃なんですと言ったか
そう、胃の経路の一番最初のスポットは目のすぐ下にあったのです。博士は目の下を指しながらこう言いました。
「ここを叩いてみてください」
「水が怖い、と思いながら、目の下をしっかり指で叩いてみてください」
それから博士はメアリーが目の下を叩くのを見ていました。
二分ほど経って、メアリーは叩くのを止めました。そしてその目は輝いていました。
「なくなっちゃったわ!」
「何がですか?」
「みぞおちのいやな感じよ。完全になくなったわ」
彼女は椅子から飛び上がったプールめがけて駆け出し、その顔に笑いが浮かび、声さえ立てていました。
「メアリー!止まるんだ」博士は彼女を追いかけながら叫んだ。
メアリーはちょっと立ち止まると、満面に笑みを浮かべて博士を振る帰り、こういった。
「ご心配なく、キャラハン先生。自分が泳げないことぐらいわかってますよ」(この言葉は、治療は恐怖をなくしても、彼女の判断能力には手をつけなかったことを示している。
事実、彼女は水に対して常識的な警戒心を維持している)。プールの端に来ると、メアリーは水に映った自分の姿をながめ、それから腰をかがめると、顔に水をパシャパシャとかけはじめた。博士は呆然としてこの様子を見つめていた。「なくなったんですよ、キャラハン先生。もう怖くないんです」メアリーはそう叫びました。
その夜、彼女は恐怖症が本当に無くなったかどうかを確かめるため、長い間悪夢だった海と向かい合いました。カリフォルニアにしては珍しい雷雨の中を車を走らせ、そしてゆっくりと、勇ましく、水に近づいて行きました。ひたひたと海水は彼女の足指を濡らし、ひざを濡らし、やがて腰まで完全に水に隠れた。その姿には恐怖の痕跡すらもなかったのでした。
あのちょっとした「タッピング」治療を施して以来、彼女は水恐怖症の片鱗も見せたことがなく、ひどい悪夢もどこかに行ってしまいました。

TFT療法 クライアントさんの感想
緑区 Fさん(40歳代 女性)

今回、ホメオパシーの相談会をしてもらったところ、母親との問題が浮上してきました。
すでに母は亡くなっており、母のことはすーっと気にせず生きてきたので、比嘉さんにそれを指摘されるとビックリしたと共に、母への想いがよみがえりました。
いつも怒っていた母、こわい顔しか浮かばない母。
その母に気に入られようとがんばった自分。
そして、むくわれない自分…。
それらを思い出すと、どうしても母を許せず、また、その思いにフタをしてきた自分がいることに気づきました。
悲しくて悲しくて、相談会でも涙、涙でした。
その思いの中、比嘉さんが「TFTをやってみましょう」と提案してください、やってみることに。
手や顔、胸などをポンポン!とテンポ良く、そして、比嘉さんに誘導されるままに、思いを浮かべてタッピング。
すると、どうでしょう!!びっくりすることが起きたのです!!
そう、…母の顔が、どんどんと笑顔に変わっていくではありませんか!
これは、本当にびっくりしました。
自分の中の記憶が「こわい顔の母」から「笑顔の母」へ。
すっかりと変わってしまいました。
たったの10~15分位の間の出来事です。
世の中には不思議な療法もあるのですね。
クスリも使わず、その場でイヤな思い出を軽くすることができるなんて。
それ以来、私の記憶の中にある母は、いつも笑顔。
そして、私の中でも何かが大きく変化し、今まだ生きている父親にもやさしく接することができるようになりました。
ホメオパシーも大好きで、ずっと使ってますが、いろんな療法を組み合わせ、その人に合ったチョイスをする比嘉さんの相談会は不思議そのものです。

比嘉よりメッセージ

Fさんの苦しみの根源であるご両親との問題をどんどん軽くしていくことにより、今世での楽しみ方が変わってみえました。
「人にどう思われるか?」「こんなことではいけないのでは?」人は色々な枠を自分に設けています。
その根源の思いグセの元となっている事を軽くして、ようやく楽に生きられるようになるのです。
Fさんには、ホメオパシーでのインチャの癒しよりもすぐに効果の出る。TFT療法を使用しました。
とても楽になられ、私もうれしかったです。

岐阜県・Mさん(40歳代 女性)

私はなぜか、子供の顔を見ると腹が立ち、子供に暴力を振るってしまっていました。
それな自分を変えたく、比嘉さんの元へ。
まずはホメオパシー健康相談からスタートしました。
何度か、相談会をしていくうちに、自分の思い通りにならないことで腹が立つのではなく、自分は思い通りに生きてこれなかった(親の言いなりだった)のに、子供は自由に生きていて、自分に対しても言いたいことズケズケ言ってくる…。そんな子供が、うらやましくて仕方ないのだと気付きました。
いつも私は親の顔色を伺いながら生きてきました。
高校も、大学も、親が良いというところへ。
結婚も親が良いという人と。
私という人間は、一体誰なんだろう…と。
それに比べ、子供は何と、イキイキと、自己主張して生きているのだろう…と。
ある時の相談会で、どうしても、それがとれないし、親が許せないと比嘉ホメオパスに相談しました。
すると、TFTをやりましょう…とのこと。最初、何だそれ?って感じで言われるままにやってみることに。
まゆの間や目の下、肝臓など比嘉ホメオパスに誘導されるままタッピングをしました。
最初は親に対する感情が、恨みに近いものであり、浮かんでくる親の顔は無表情でした。
しかし、タッピングをすすめて行くにつれ、親の顔がやわらかく笑顔に変わっていき、また自分に対して、笑顔で接してくれる親の顔が浮かんでくるようになったのです。
それはホメオパシーとはまたちがう感覚でした。
それ以来、子供に対してもやわらく接することができる自分とイキイキ生きている子供を心からステキだと感じ、
またそれを応援できる自分に変えることができました。
副作用もなく、特別なこともしなくてもできるTFT。
私はすっかり、TFTも好きになりました。またやって頂きたいと思います。

比嘉よりメッセージ

Mさんの苦しみは、現在ある幸せを幸せと感じることができず、イキイキした子供、健康である子供に対して、つらく当たってしまうことでした。
本当は、大好きな子供、愛すべき子供に、暴力を振ってします。
ご自身のインチャがうずうずしていたのですね。
ホメオパシーで浮上してきた気持ちをTFTでキレイに取りきりました。
Mさんの笑顔が、TFT後に変わられたのが印象的です。

ママス MAP
自然派倶楽部Mama's
名古屋市緑区東神の倉3丁目3511
TEL&FAX (052)878-3833
営業日 金・土・日のAM11:00~PM6:00
P 3台有
地下鉄徳重駅より 市バス白土南停留所 徒歩1分
>>会社概要